記事一覧

タックスニュース・ダイジェスト版

生前贈与の留意点  -贈与の時代を考える―

  贈与税の基礎控除は110万円というのは皆さんよくご存じのお話ですが、現在、贈与税の特例としては、相続時精算課税をはじめ各種の特例制度が創設され、まさに贈与の時代が到来しています。税制は国の方向性を映す鏡と言われますが、贈与税の特例が多く打ち出されている背景には、高齢者に偏在している資産の存在があります。
 金融資産残高の8割が50歳以上の世代に偏在しています。そして、被相続人の年齢は80歳以上が最も多く、相続全体の7割近くを占めています。若い世代に資産が移り難いというのが現状なんですね。
  こういった背景から、少しでも若い世代に資産を移転させ個人消費を増やそうというのが各種特例の狙いでもあるのです。
一口に贈与と言っても、その目的は様々です。困っている子や孫への援助・子や孫の生活を豊かにしたい・事業の支援をした い・自分の相続対策の為・社会の役に立ちたい等。そこで、来月から目的別にその留意点をシリーズでご紹介してまいります。

リンク集: スーパーコピーブランド専門店, スーパーコピー時計N級品, ロレックス時計スーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, シュプリーム財布スーパーコピー, キャップ帽スーパーコピー, ルイヴィトンバッグスーパーコピー, バレンシアガバッグスーパーコピー, ルブタン財布 スーパーコピー, スーパーコピージュエリー, シャネルスーパーコピー