記事一覧

タックスニュース・ダイジェスト版

―贈与の時代を考える― 第1回  「贈与を活かす」 

〇贈与はオーダーメイド
 贈与税と相続税の一番の違いは、相続は自然人の死であり日時が決まっていないけれど、贈与は、なぜ、いつ、誰が誰に、どこで、何を、どのように、いくらで贈与するかを自由に決めることができる点です。つまり、贈与は狙い撃ちができるために、経済情勢や有利な時機をうかがいながら税務や法律等を検討しつつ、計画化できるのです。

1. 贈与は5W2H 贈与は次の要素で判定、実行します。
① なぜ(贈与の目的)②いつ(贈与の時期、回数、生前贈与か死因贈与か)③誰が誰に(贈与者と受贈者)④どこで(国内で、国外で)⑤ 何を(贈与財産の種類と数、量)⑥どのように(どのような契約で、どのような特例を使って)⑦いくらで(税負担、費用)

2.贈与と相続の違い
 贈与は上記1の7つの要素を全て特定できるところが、相続と異なります。相続で選べるのは、遺言や遺産分割によって、③・⑤・⑥・⑦が調整できるにすぎません。贈与は、贈与者や受贈者の状況に合わせたオーダーメイドができるために、相続対策や資産対策で最も活用できるのです。

〇喜ばれる財産をつくろう 嬉しい財産と困る財産
そもそも、財産には、嬉しい財産と困る財産があります。困るのは、まずそれを承継する子たちです。親は、自分が築いた財産なので、良い財産も悪い財産もない、貰えるのだからありがたいと考えますが、承継者にとっては、「親父、勘弁してくれよ!」と叫びたくなる財産は多いものです。リストアップして、困る財産は、「親の目の黒いうち」に、全て解決して嬉しい財産に変えることが相続対策の第一歩です。

リンク集: スーパーコピーブランド専門店, スーパーコピー時計N級品, ロレックス時計スーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, シュプリーム財布スーパーコピー, キャップ帽スーパーコピー, ルイヴィトンバッグスーパーコピー, バレンシアガバッグスーパーコピー, ルブタン財布 スーパーコピー, スーパーコピージュエリー, シャネルスーパーコピー