記事一覧

タックスニュース・ダイジェスト版

―贈与の時代を考える― 第2回 
 〇贈与税と相続税の損益分岐点
 贈与税は相続税に比べて高い税率であることは皆さんよくご存じですが、かといって贈与税は払わない方が絶対お得とは限りません。
 例えば、相続財産が1億円、法定相続人1人の場合、相続税率は30%ですので、生前に1億円の財産から100万円贈与すると、相続税がダイレクトに30万円下がることになります。つまり贈与税の実効税率が30%となる額(子・孫等への贈与であれば2,000万円、一般贈与であれば1,500万円)までは生前贈与が有利と言えるのです。
 そして、生前贈与を重ねることにより、更には相続税率自体も下がる効果を生む可能性も出てくるのです。
〇有利な贈与のコツ
 ・小さく贈って大きく育てる
   評価額が低いうちに贈与する。例えば、上場株式等のように上下変動する資産は、下がった時に贈与します。
   (そのタイミングが難しいですが・・・)
 ・収益力を贈る
   例えば、祖父から固定資産評価額1,000万円の10室、賃貸収入5万円/室/月の賃貸建物の贈与を受けて88万円の贈与税がかかったとしても、年600万円の賃貸収入は孫のものです。88万円の贈与税もその収入から賄えますし、その後の収入は所得税がかかるとしても贈与税はかかりません。(孫に他の収入がある場合は、所得の多寡により不利となる場合があります)
 ・暦年贈与で時間を活かす
   税率の低い額で毎年贈与を行っていく。その為には、早期計画が大切です。
 ・非課税特例を活かす
   贈与税は多種の非課税特例・納税猶予特例が設けられています。
   若い世代への財産移転を目的とした各種特例を最大限利用していきましょう。


ブランド時計スーパーコピー2019新作通販
大人気スーパーコピー時計 専門店,2019新作ブランドコピー時計レプリカなどの世界クラスのブランド時計コピー新作は日本国内での送料が無料になります、
最高級ブランド時計スーパーコピーN級品は品質3年保証で。

ロレックス スーパーコピー
ルイヴィトン スーパーコピー
オメガ スーパーコピー
エルメス スーパーコピー
カルティエ スーパーコピー
オーデマピゲ スーパーコピー
パネライ スーパーコピー
バレンシアガ スーパーコピー
シュプリーム スーパーコピー
ブルガリ スーパーコピー
シャネル スーパーコピー
サンローラン スーパーコピー
タグホイヤー スーパーコピー
ブライトリング スーパーコピー


ウブロ スーパーコピー通販

リンク集: スーパーコピーブランド専門店, スーパーコピー時計N級品, ロレックス時計スーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, シュプリーム財布スーパーコピー, キャップ帽スーパーコピー, ルイヴィトンバッグスーパーコピー, バレンシアガバッグスーパーコピー, ルブタン財布 スーパーコピー, スーパーコピージュエリー, シャネルスーパーコピー